セミナー

 

階層別・テーマ別

 
 
講座名 日程/対象者  
3月  ~若手・中堅が本気になる~

「若手・中堅社員グレードアップ研修」

 人が成長していく上でのメカニズムを実践律といいます。ところが、人は生まれた境遇や環境、そしてその後の家庭内の生活や学校生活はさまざまです。一般的にはこれを経験値の差といいます。そこでこの実践律により、配属された若手・中堅社員の業務の本気度を分析し、グレードアップをはかります。部下指導にも役立ちますので職場リーダーご自身のご参加も歓迎致します。また若手・中堅社員をはじめ自分磨きの方のご参加を求めます。

平成29年3月1日(水)


若手・中堅社員・職場リーダーなど
詳細
3月  ~社会への第一歩~!

「新入社員研修(3回目)」

 学生という殻を破り、社会人としてプロとしての自覚を持つための意識転換を図ります。基本形であるビジネスマナー、報連相の習得や企業の持つミッションを把握し、ビジネスのプロとしての意識改革を行うことで自分たちの果たすべきことを明確にし、人間関係の構築力やチーム力の向上を習得し成長を促します。
 今この時期が次世代を担う社員育成の絶好の機会なのです。

3月16日(木)、17日(金)
(2日間)

新入社員、中途採用者などなど
詳細
4月 ~新たなるスタート!~

「新入社員研修(1回目)」

 新入社員に企業が求めるものとして良く挙げられる二大要素が「コミュニケーション力」と「主体性」です。コミュニケーション力とは、ビジネスマナーのみならず、相互理解を深められるような話し方、聴き方ができること。そして、コミュニケーション力のベースとなるのが「主体性」です。受け身や反応的な姿勢から能動的・積極的な姿勢へ。この研修では、グループでの対話や議論を通じて主体性について考えを深め、内省を促し、行動計画を定められるよう導きます。

4月3日(月),4日(火))
(2日間)

新入社員(中途採用者など)
詳細
4月 ~新たなるスタート!~

「新入社員研修(2回目)」

 新入社員に企業が求めるものとして良く挙げられる二大要素が「コミュニケーション力」と「主体性」です。コミュニケーション力とは、ビジネスマナーのみならず、相互理解を深められるような話し方、聴き方ができること。そして、コミュニケーション力のベースとなるのが「主体性」です。受け身や反応的な姿勢から能動的・積極的な姿勢へ。この研修では、グループでの対話や議論を通じて主体性について考えを深め、内省を促し、行動計画を定められるよう導きます。

4月10日(月),11日(火)
(2日間)

新入社員(中途採用者など)
詳細
4月  ~組織だからこその成果を出すために必要な二つの力~

「リーダーシップとマネジメントの原理原則」

 この研修では、ケーススタディや参加者同士の対話を軸に、組織として高いパフォーマンスを発揮する上で欠かせない二つの力について学びます。マネジメントはやり方であり、ある程度の型が存在します。一方、リーダーシップはあり方であり、自分らしいリーダーシップを見つけていく必要があります。
マネジメントの基本的な型について学び、リーダーシップについては自分らしい発揮の仕方について模索する時間を提供します。

4月25日(火)


新任管理者、中堅社員、 職場リーダーなど
詳細
5月 ~次世代を担う!~

「若手戦力研修」

若手社員は、仕事への意欲や目標が徐々に明確化してくる時期でもあり、自分の目標とする仕事に対し自信が出てくる時期でもあります。この時期、どのような職務であろうとも職業人としての倫理観はしっかりと持ち、その上で、社内での方向性(スペシャリストやゼネラリストなど)を選ばせるときではないでしょうか。また人生においても様々な問題に直面することが増えるため、自分を見つめなおすことで一層の成長を促します。
 今この時期が次世代を担う社員育成の絶好の機会です。ぜひ本研修をご活用ください。

5月16日(火),17日(水)
(2日間)
(入社から5年目頃まで)
詳細
5月

「ISO9001内部監査員養成セミナー(2015年版)」

 ISO9001の規格改訂に伴い、新たな規格要求事項に対応したマジメントシステムの構築・運用・内部監査が必要となってきました。そのようなニーズに対応するためには、社内に2015年度の規格内容を充分に理解した、内部監査員を養成することが急務となりました。そこで、本講座では、2015年度版の規格の狙い・内容と社内でのシステム構築における留意点や内部監査員の方法・ポイントについて具体的な事例をもとに、内部監査員の養成とレベルアップを図ります。

5月30日(火),31日(水)
(2日間)

ISO9001の認証取得を目指している組織の方、または内部監査員の養成を必要としている組織の方など
詳細
6月  ~目指すべきリーダー像!~

「基礎・管理職研修」

 これからの時代に求められるリーダーには、組織のメンバーに目的意識を与え、やる気を引出し、まとまりある組織をつくり、相乗効果を生み出すことが求められていきます。従来の「管理職」はどうしても管理が中心となっていましたが、管理するのは業務であって、人ではありません。人は管理しようとすればするほど「やる気」がなくなっていくのです。  本研修では、これからの管理職に求められることは何か、組織力をいかに高めるかを学んでいただきます。

6月7日(水)


管理職、その候補の方など
詳細
6月  

「ISO14001内部監査員養成セミナー(2015年版)」

ISO14001の規格改訂に伴い、新たな規格要求事項に対応したマジメントシステムの構築・運用・内部監査が必要となってきました。そのようなニーズに対応するためには、社内に2015年度の規格内容を充分に理解した、内部監査員を養成することが急務となりました。そこで、本講座では、2015年度版の規格の狙い・内容と社内でのシステム構築における留意点や内部監査員の方法・ポイントについて具体的な事例をもとに、内部監査員の養成とレベルアップを図ります。

6月27日(火),28日(水)
(2日間)


ISO14001の認証取得を目指している組織の方、または内部監査員の養成を必要としている組織の方など
詳細
7月  ~すぐに役立つ、本当に役立つ~

「中堅社員研修」

中堅社員は、実務のベテランという意識から、ともすると独断専行の行動をとってしまっている方、あるいはやる気を失っている方までさまざまです。多くの場合、中堅社員の抱える問題こそ、会社、職場の問題であると言えます。  管理者のフォロワーとして、若手社員の模範として、今後の会社の中核を担う人材としての中堅社員の役割・心構えをしっかりと認識させ、自己の能力開発と成長の機会とするとともに、職場での取り組み課題を明確にすることが中堅社員にとっての重要課題です。ぜひ本研修をご活用ください。

7月4日(火)・5日(水)
(2日間)


中堅社員、職場リーダー 及びその候補の方
(5年目~チームリーダー)
詳細
9月  ~5Sは全ての業種の仕事の基本~

「組織を変え、感動企業に生まれ変わる5S実践研修」

 5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)は、全ての業種の仕事の基本です。製造業はもちろん、サービス業、宿泊業、介護や医療の方など、どの業種の方が参加しても判り易く、実践し易い講義内容となっています。また、一度導入したが上手くいかなかった企業の方にも、失敗しない進め方を学んでいただけます。

9月8日(金)


企業(工場やオフィス・病院・介護施設など)の経営者・リーダー・管理スタッフなど
詳細
9月  ~中堅に求められる人材育成力、論理的思考力、業務分担・委任力を高める~

「中堅社員研修」

 中堅社員は、組織における中間の立ち位置として、非常に多くの役割を果たすことを求められています。例えば、新入社員や後輩の指導役、現場で発生する問題の解決者、あるいはマネージャーの右腕やプロジェクトを進める中心的役割などです。この中堅社員に求められる能力の中で、特に重要度の高いとされる三つの力。すなわち「論理的思考力」、「人材育成力」、「段取り力」にこの研修では焦点を当てます。

9月22日(木)


中堅社員・職場リーダー及びその候補の方
(6年目~チームリーダー)
詳細
10月  ~最高の新入社員へと磨きをかける!~

「新入社員フォローアップ研修」

 入社して半年、新入社員は半年から1年かけて仕事に向かう姿勢や考え方を確立していきます。しかし、激しい生活環境の変化と立ち止まって振り返る余裕のなさから、導入時研修の知識はいつの間にか我流の解釈となり、自分の位置や存在意義といったものも見失いがちです。
本研修を機会として、今までの社会生活を振り返る場を設け、自分を見つめ直し、次のステップへの足がかりを掴みます。

10月6日(金)


新入社員・中途採用者など
詳細
10月  ~管理職になって伸びる人・終わる人~

「管理職研修」

算数の計算式には、掛け算、足し算、引き算、割り算があります。中でも正数を大きくするのが掛け算。ビジネスの世界でも、伸びる管理職はこの掛け算ができる人を言います。計算の答えは成果と呼ばれ、正数は人財の存在になります。そしてこの計算式こそが人財育成力となるわけです。
とりわけ管理職に中には、自分だけの足し算型や自己保身にのみ走り部下を置き去りにしたり切り捨てることばかりの人もいます。ここで終わらないためにもこの研修で今後の掛け算展開による伸びる管理職の方式を身につけましょう。

10月17日(火)


管理職、その候補の方など
詳細
11月  ~たし算からかけ算に~

「部下指導モチベーション研修」

組織において、部下の力を最大限に引き出すためには、いかに活気ある職場をつくり、いかに組織のメンバーの意欲と行動を高められるかが大きなポイントです。 上司は、一人で仕事の成果を上げるのではなくチームとして成果を上げるものです。その過程で部下の能力を高め、引き出していくことが求められています。
 本セミナーでは、実践的な部下指導について学び、組織を強くするためのリーダーを育成します。

11月14日(金)


部下・後輩のいる管理職・中堅社員など
またはその候補の方など
詳細
12月  ~人と組織を輝かせる~

「未来を創るリーダーシップ研修」

 時代の変化と共に、人や組織も変化(成長)していかなければなりません。変化適応力が求められているのです。
本研修では、顧客価値をいかに高めるか、そして現状の課題解決能力をいかに高めるか、リーダーとしての役割と責任を果たすために何をすべきかを考えていきます。人も組織も、ありたい姿(ビジョン)と目的(ミッション)を明らかにするところから成長していくのです。

12月6日(水)


経営者・経営幹部・管理職
またはその候補の方など
詳細
H30
1月
 ~忙しい仕事への効率を上げる方法とは!~

「成果の上がる業務改善はこれだ!」

日常業務では、今までの延長で毎日実施していますが、実は大きな改善のヒントが存在します。そして、その改善のポイントを押さえて効率を上げることで、今までより工数や品質が大幅に改善されることが実証されています。今回の研修では、日常の業務を見直し業務効率を大幅に上げるための基本的な手法ついて、毎日の業務に応じて現場でどんどん業務改善が行われるよう、時短の短縮や品質の向上に寄与する手法を学びます。どのような職種、職位の方でも限られた業務時間を効率的に使うことは、仕事の大きな成果に結びつきます。ぜひ、成果の上がる業務改善の手法を使ってみませんか?

平成30年
1月26日(金)


若手・中堅社員、リーダー、
管理スタッフなど
詳細
2月  ~品質に関わる悩みをスッキリ解決~

「品質管理・品質保証実践研修」

 生産活動において品質管理、品質保証は重要な位置にあります。それは、全社的に体系化され管理されれば効果の高いものになります。しかし、実際には出荷検査のみになってしまいがちです。
 本研修では、全社的品質管理体制の構築方法から、QC7つ道具の使い方、不良が出てしまった時の対策法まで幅広く学んでいただきます。

2月9日(金)


品質管理・保証を初めて学ぶ方・生産現場等のリーダー・事務・営業部門の方など
詳細
3月  ~若手・中堅が本気になる~

「若手・中堅社員グレードアップ研修」

 人が成長していく上でのメカニズムを実践律といいます。ところが、人は生まれた境遇や環境、そしてその後の家庭内の生活や学校生活はさまざまです。一般的にはこれを経験値の差といいます。そこでこの実践律により、配属された若手・中堅社員の業務の本気度を分析し、グレードアップをはかります。部下指導にも役立ちますので職場リーダーご自身のご参加も歓迎致します。また若手・中堅社員をはじめ自分磨きの方のご参加を求めます。

平成29年3月1日(木)


若手・中堅社員・職場リーダーなど
詳細
3月  ~社会への第一歩~!

「新入社員研修(3回目)」

 学生という殻を破り、社会人としてプロとしての自覚を持つための意識転換を図ります。基本形であるビジネスマナー、報連相の習得や企業の持つミッションを把握し、ビジネスのプロとしての意識改革を行うことで自分たちの果たすべきことを明確にし、人間関係の構築力やチーム力の向上を習得し成長を促します。
 今この時期が次世代を担う社員育成の絶好の機会なのです。

3月15日(木)、16日(金)
(2日間)

新入社員、中途採用者など
詳細


ページトップ